空間を立体的に縦に繋いだ家

小学生を含む5人家族の嗜好、意識を把握するためクライアントに作ってもらった「理想の 家」のコラージュ(切貼絵)からは、「家族の繋がり」「回転」「自然」「昇り棒」などのキーワードが抽出できた。これらを基にして、全体を大きく2つのブ ロックに分け、正方形のブロックを少し振って(回転させて)長方形のブロックと繋げ、スキップフロアと吹抜を用いることにより、回転しながら縦に繋がるよ うな空間構成とした。

所在地:千葉県佐倉市宮ノ台
構造階数:木造、地下1階、地上2階建
敷地面積:199.03㎡
延床面積:143.46㎡
建築面積:75.67㎡
最高高さ:8.45m
設計(建築):(有)連健夫建築研究室一級建築士事務所
設計(設備):島津設計事務所
施工:(株)ベンカン、協力:(有)天禄
竣工:2001年1月