空き地・空き家の状況

空き家は全国で820万戸、13.5%を占めており、今後も増えていく状況です。従って、単にスクラップ&ビルドを選択するのではなく、既存住宅を有効に活用することが求められています。特に木密地域では、所有者が高齢化と共にモチベーションが弱いことなどから、改修や建替えが進んでいない状況です。

現実性があり説得力のある計画にするためには建築のみならず不動産やマーケティング、福祉などの様々な専門性が求められますが、当事務所では、専門家とのネットワークを大切にし、共同事業と共に、勉強会やセミナー活動、コンペ支援などを行っています。

 

活動一覧

2017.11.30   世田谷区不燃化セミナー

2017.11.03      荒川区不燃化セミナー

2017.10.24  東京都不燃化セミナー

2017.01.21      江東区不燃化セミナー

2016.11.27      台東区不燃化セミナー

2016.11.18  老後の住まいあんしん・あんぜんプロジェクト

 

 

ページの先頭へ