気仙沼市階上地区

2013.11~気仙沼市階上地区

首都大学東京の市古太郎教授からお声かけがあり、住宅再建に関わることになりました。階上地区で市が準備した防災集団移転の場所ではなく、自分たちが住みたい場所を探して防災集団移転を希望する住民の支援に関わることになりました。防災集団移転事業に必要な5人が集まり、配置計画や平面計画のワークショップなどを実施すると共に、行政担当者とのすり合わせを行いました。この内、一人の方から設計の依頼がありました(皆が集まる家、菊田邸)。長磯浜地域は市が用意した防災集団移転事業であり、配置計画や外構計画についてのワークショップを市から依頼を受けて実施しました。ここでは、外構工事に関して共同発注を実施することができ、コストを節約すると共に、共同発注におけるコミュニティー形成について支援をすることができました。ここでは、専門家の協働支援の在り方について学びがありました。市古先生は都市計画の専門家、大木先生は社会福祉の専門家、当方は建築の専門家として、3者の立場で支援の在り方について何度もの議論を行い、いい意味の協働性ができたのではないかと考えています。

活動一覧

気仙沼市階上杉の下集落における住まい再建支援(PDF)

2014.11  杉の下近辺にもどる会ニュース Vol.17

2014.07  杉の下近辺にもどる会ニュース Vol.16
2014.04  杉の下近辺にもどる会ニュース Vol.15
2014.03  杉の下近辺にもどる会ニュース Vol.14
長磯浜防災集団移転
2014.08  長磯浜防集事業住まい再建勉強会第2回の成果
2014.07  長磯浜防集事業住まい再建勉強会第1回の成果

ページの先頭へ