日本のみならず世界の近代都市は、どこに行っても同じような街並みとなっており、 地域の特徴が見えなくなっています。そこで地域文化が感じられる建築や街の現代的 デザインとは何なのかという視点で、ヴァナキュラー(地域性・土着性)をテーマに したワークショップを国内のみならず海外をフィールドに実施しています。

 

設計の作品やワークショップの成果としての作品展示会は、他の方の目に触れる機会、発信の機会という意味で、 大切な活動と考えています。ヴァナキュラーからの変換をテーマにした海外でのワークショップは、実施の後、 必ず展示会とシンポジウムを開催しています。